ローンとの戦い2

チラシが我が家のポストに放り込まれました。
某都市銀行(東京●菱銀行、以下「T銀行」)のローンのキャンペーンです。

な、なんと当初10年の金利が1.9%、11年以降(最大30年)が3.4%、しかも団信込み!

(団信とは、ローンを組むときに絶対入らなきゃいけない生命保険のことね。0.3%程度を毎年払わなければなりません。でかいです、この負担。)

さっそく総支払額のシミュレーションです。

先の金融機関(以下、Gローン)より圧倒的に低い。。。

実は、この商品、新聞で小さな記事になってたから、前から知ってはいたのだけれど、私はもうGローンでいくからいいや、なんたって結構低いローン金利が30年固定だもんね。 なんて余裕かまして。

さて、ここで固定か変動か、ですが、ながーい期間でローンを組むなら、基本的に固定がいいと思うんです。変動はわからんですよ、いったいどうなるのかが。短期で全額返済できる見込みがあれば(たとえば数年後に退職金ががっぽり入ってくる、だとか)、変動でもいいですけどね。

さて、話を元にもどします。

このT銀行、だめもとで電話してみます。
「実は土地のつなぎ融資を別な金融機関で組んでいるんですけど、、、、T銀行さんのこのローン、契約できますかねぇ。」正直に言いすぎだ。大体、つなぎ融資ってのは、本契約まで善意で貸してくれる特殊なローンなわけで、それを本契約は別な金融機関で、だなんて、わがままな言い草だ、そんなことは百も承知。でもね、

「こっちは生活がかかってるんですよ!」(←心の叫び)

そしたら、T銀行の電話応対のおねーさん、冷たく言い放つのでした。

「そのようなケースでは、無理かと存じます(冷っ)」

やはり無理だったか。。。。。


フツーだったらここであきらめるんだろうけど、私は違った。

「この電話応対のおねーさん、きっとマニュアルどおりにしか対応できないんだ。それじゃぁ、この銀行の支店の担当者に直接話せば道が開けるかも。。」

そして、同じ市内にある唯一のT銀行の支店に電話し、担当者と話すこと15分。正直に話しましたよ。そしたら、「会って話しましょう」とのこと。

光が見えた。

次回へ続く。


↑はたして奇跡はおこるのか! 次の記事が待ち遠しい、という方は、クリックしてね。


スポンサード・リンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2