マイホームを考え始めたら 2)いくら借りられるか?ではない

シリーズでお届けする、「マイホームを考え始めたら」。
今日のネタは、「ローンのはなし」

1)先立つもの(頭金は?)
2)ローンはどうする?(いくら借りるんですか)
3)金利は? (タイミング命)
4)立地(本当に、その土地でいいんですね)
5)将来の家族のありかた(10年後、子供も大人も10歳ずつ年をとってます)
6)家の性能(快適な家がいいに決まってます)
7)メンテナンスの方法(日本人は、あまりにもメンテナンスしなさすぎ)
8)冷暖房設備と換気(ものすごく重要です!)

まず、実際にいくら借りることができるのか、ローン会社に問い合わせてみましょう。
源泉徴収票を持って。

そして、ローン会社からの返答は、

「ご希望の○○万円まで、融資可能です!」

という喜ばしい答えが返ってくるでしょう。
(そうでない場合もありますが、、、)

そこでぬか喜びしてはだめです。
ただでさえ、金融機関はたくさんローンを貸して、金利収入を得たいんです。
ぎりぎりまで多い金額を提示してくるはずです。

こっちの返済予定なんか気にもしません。

よく、「年収がこのぐらいだから、○○万円のローンでも大丈夫ですよね」

なんて考える人がいます。

そんなの、他人がわかるはずもありません。

年収400万円で、節約して年50万円貯められる人もいれば、年収700万円で、年50万円ためるのがやっと、と言う人もいます。

返済能力が高いのは、前者に違いありません。

つまり、

いくら借りられるか、ではなく、

年いくらなら、返済可能か、

が大切なんです。

そこで、次に大切なのが、

  → 次は金利

です。

 

スポンサード・リンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2