本人登記にチャレンジ ■03.まずは計画 登記の大まかな流れ

■03.まずは計画 登記の大まかな流れ

登記の種類
マイホーム新築に関しては、以下のような登記が行われます。

・ 土地の登記(土地を取得したときにしているはずです)
・ 建物滅失登記(建物を取り壊したときに必要)
・ 建物表示登記(完成後1ヶ月以内に行う)
・ 建物保存登記(所有権を法的に保護)
・ 抵当権設定登記(ローンを組む人は必須)

ここでは、建物表示登記と建物保存登記を説明していきます。


家も完成に近づくと、いつ完成するのか、いつ引き渡しになるのか、とワクワクしてくるものです。
しかし、それと同時にローンも始まるわけで、ローンを設定するために、抵当権設定のための登記が必要になります。
抵当権設定の登記が済んで、晴れてローンを借りることができるのです。

ローンの実行によって、ハウスメーカーへの支払いが完了し、晴れて家の引渡しがされるわけです。

というわけで、抵当権設定登記がとても重要。

ただし、本サイトでは、抵当権設定登記はカバーしません。

多くの場合、巨額の資金が絡むため、また、抵当関係が複雑な場合は特に、関係者に決して迷惑をかけてはなりません。
この登記を自分でするにはあまりにも危険すぎます。
ここは、専門家(司法書士)に任せたほうが無難です。

さて、抵当権設定登記を司法書士の先生に頼むとき、必ず必要になるのが「所有権保存済みの登記申請書」です。

これは、新築家屋が確かに自分のものである、と法的に証明するものです。
「保存登記」とここでは呼びます。

この保存登記はとっても重要です。

通常は司法書士の先生に依頼するものですが、これは自分で申請書を作成できます。本サイトの説明通りに作れば簡単にできます。

さて、この保存登記ですが、これにこぎつけるためには、建物表示登記が完了していなければなりません。
図面を描き、申請書も作る必要があります。

通常、土地家屋調査士に依頼しますが、自分で作ることもできます。
まぁ、このサイトの記事を読めば、問題なく作れるでしょう。

つまり、このような順番になります。

表示登記(本人登記)
 ↓
保存登記(本人登記)
 ↓
抵当権設定登記(ここは司法書士に依頼しましょう)
 ↓
ローン実行
 ↓
ハウスメーカーとの決済(本来なら、ここで晴れて所有者となる)
 ↓
引渡
 ↓
引越し・入居

本サイトでは、表示登記と保存登記をサポートします。プロに頼めば、これだけで15万円以上かかります。
それを1万円ちょっとでやりますよ。


次回へ続く


■01.はじめに
■02.免責事項
■03.まずは計画 登記の大まかな流れ
■04.スケジュールの確認
■05.住民票移動のタイミング
■06.法務局で相談するポイント
■07.表示登記申請書類の作成方法 その1 表示登記申請書
■07.表示登記申請書類の作成方法 その2 平面図
■07.表示登記申請書類の作成方法 その3 その他書類
■08.保存登記申請書類の作成方法
■09.チェックリスト
■10.本人登記を妨げるものについて
■11.おわりに

スポンサード・リンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2