本人登記にチャレンジ ■04.スケジュールの確認

■04.スケジュールの確認

家が完成に近づくにつれ、いつ引き渡しになるのか、ソワソワしますね。
引渡しの日が決まりましたら、その日から逆算して、どの登記をどのタイミングで行えばよいかを決めていきましょう。


ハウスメーカーの営業さんに、金融機関とのローン実行日、司法書士に頼む抵当権設定登記のスケジュールを、アレンジしてもらいましょう。

以下は、スケジュールの例です。各登記に7日程度かかると仮定して、逆算します。

 12月1日:引渡し
  ↑
 11月28日:ハウスメーカーとの決済
  ↑
 11月28日:ローン実行
  ↑
 11月25日:抵当権設定登記完了
  ↑
 11月18日:抵当権設定登記を司法書士に依頼
  ↑
 11月16日:保存登記完了
  ↑
 11月9日:保存登記申請
  ↑
 11月9日:住宅用家屋証明を役所にて取得
  ↑
 11月9日:表示登記完了
  ↑
 11月2日:表示登記申請
  ↑
 それ以前:法務局登記相談コーナーにて、詳細確認

 相談コーナーに行く前には、表示登記・保存登記の申請書の下書きを完成させておきます。


次回へ続く


■01.はじめに
■02.免責事項
■03.まずは計画 登記の大まかな流れ
■04.スケジュールの確認
■05.住民票移動のタイミング
■06.法務局で相談するポイント
■07.表示登記申請書類の作成方法 その1 表示登記申請書
■07.表示登記申請書類の作成方法 その2 平面図
■07.表示登記申請書類の作成方法 その3 その他書類
■08.保存登記申請書類の作成方法
■09.チェックリスト
■10.本人登記を妨げるものについて
■11.おわりに

スポンサード・リンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2