防犯対策 ■03 セキュリティーシステム

防犯対策とセキュリティーシステムとの関係について、書いてみます。
諸悪の根源だった、あの「上げ下げ窓」。

早急に、防犯のために格子をつけてもらおう、と大家さんにお願いしました。

答えは、

No!

余計な費用は払いたくなかったようです。

おぉ、そうかい。
じゃぁ、すぐにでもこの家を出てってやろうじゃぁないか(怒)。

と言ったわけではないのですが、その年の12月には新築する家に引っ越す予定でしたから、ぶーぶー文句もコチラも言えないわけで。。

で、ホームセンターで買った、ちょっとした防犯グッズでしのぎました。
上げ下げ窓のストッパーで、数百円のものです。

ま、ないよりはましです。


さて、新築の際、防犯を考えると、どういうことが必要になるんだろうか?
セ●ムでも導入しようか?
新築にあわせると、施工費用もグッと抑えられるらしいし。
でも、やっぱり高いよね、ランニングコストも相当だし。

セキュリティーシステムを入れると、確かに安心感はある。
でも、それは空き巣対策には有効かもしれないけど、人為的なミス(施錠忘れ、システムの稼動忘れ)なんかしちゃったりすると、高額なシステム費用も意味をなさないわけで、、、。

でも、もし私が単身赴任にでもなって、家族を家に残すとなると、ちょっと高くてもセキュリティーシステムを検討するかもしれませんね。
私自身の安心料、とでも言いますか。

で、セキュリティーシステムについての結論ですが、

 お金に余裕があれば、導入する
 しかし、万全ではないことを承知する
 システムに加え、日々の防犯意識を高めておく

こんなことろでしょうか。


でもね、白昼堂々と家に押し入ってくる強盗団には、ぜんっぜん効きませんよ。
こういう輩は、ピンポンしてドアが開くやいなや、どやどやと家に押し入り、家人を縛り上げ、脅します。
金目のものを奪って、さらにキャッシュカードまで奪います。
仲間がそのカードを持って、銀行の現金引出し機にいき、携帯で暗証番号を聞きだします。
脅されているので、正直に暗証番号を言わなければなりません。
でないと、ひどい目にあいます、多分。

カメラ付きドアホンは、必須です。
最低限、これで相手を確認してから、玄関に出るようにしましょう。


次回へ続く。

■■■目次


防犯対策■01 やられました
防犯対策■02 命があっただけ、ラッキー
防犯対策■03 セキュリティーシステムはどうよ
防犯対策■04 泥棒さんに優しくない家づくり
防犯対策■05 まとめ

スポンサード・リンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2