物置をDIYで ■18.完成!

物置 DIY 完成!
思えば長い道のりでした。

「いつになったらできるのかしら」
「早くモノを片付けたいわ」
「あの部屋(家の一室が物置部屋と化して早一年)、いつまであのまんまなの?」

妻の厳しい指摘の矢を、背中でチクリチクリうけながら(グサリグサリ、かな?)、私は耐えたのでした。

このように、ペースは非常にのろかったのであります。
実質、ひと月に3日程度しか時間が取れなかったわけで(雨がふったり、いろんな行事がかさなったり)、およそ半年もかかってしまいました。

しかし、ついにその日はやってきたのでありました。

2004年10月30日、完成です。

ジグソー、ダイヤモンドカッター、長梯子2脚、インパクトドライバーを快く貸してくださったDIYの先輩たち、ありがとう!

あと、躯体を組み上げるとき助っ人に来てくれたK氏、コーキングの魔術師のお兄さん、ありがとう!

このページより、感謝であります。

DIYの道を歩み始めた僕は、ドリルドライバー、丸鋸、その他ヤスリ、サシガネ、ドリルビットセット、クランプ、トロ舟、水平器etcを買ってしまいました。

でも、きっとすぐに元は取れるだろう、と確信しております。

借りた工具のなかでも、インパクトドライバーは感動ものであります。

こんなにもねじ締めが楽にできるとは!
これは買わなきゃ、と財布と相談です。

あと、ホームセンターでタダで借りたトリマーやサンダー、これもいつかは自分のものを持ちたいものです。


この物置、じつは秘密があるんです。

物置 DIY 完成!

じゃじゃーん。 家とペアルック(死語?)。

まったく同じ外壁材で作ってみました。
ホームセンターで同じメーカーのモノを発見し、我が家の外壁と全く同じ素材を注文したんです。


あまりの(意外にもうまくできた?)できばえに、最初

「ほんとにできるの?」

と冷ややかな目で見ていた妻も、

「すごいわ、惚れ直したわ、ダーリン」

と絶賛です。
(ちょっと気持ちいい)

あとは、内装(といったってたいした物ではありません)を少し施します。
棚作りと、工具を引っ掛ける壁を張る程度です。

DIYの副産物として、おまけです。

トンカン作っていると、散歩中のおじさんやおばさんが、気軽に声をかけてくれます。

「器用ですね」とか、

「家と同じ壁で、おしゃれですね」とか、

「本業ですか」とか 
(それはいいすぎでしょ)。


単細胞の僕としては、こんな風にいわれると、とっても気持ちがよくなってしまうのであります。
こんな風にご近所さんともコミュニケーション取れるもんですね。

そのほか、子供つながりでお母さんたちの集まりがあるとき、この物置が話題にのぼるそうで、、、。

「あぁ、あのおしゃれな物置のある家なんですか」

なーんて、いっぱしのランドマークになってる??

自画自賛はこれくらいにしましょう。
(いやはや、プロに間近でみられたら、結構ボロがありますからねぇ)


ご協力いただいた方々を招いて、テープカットでもしようかな。
ダッチオーブンで鶏の丸焼きでも振舞いながら。

本格的なDIYの醍醐味を、ほんの少しですが味わいました。
この次は、ガーデンテーブルかな。


■01.はじめに 〜物置DIY目次〜
■02.予算とプラン
■03.材料運び
■04.基礎の水平
■05.モルタル流し
■06.アンカーボルト
■07.根太組み、そして床
■08.躯体の組み上げ(2x4工法)
■09.屋根の仕様変更
■10.屋根:致命的設計ミス露呈
■11.屋根:水切り
■12.屋根:ルーフィング
■13.屋根:アスファルトシングル
■14.外壁の仕上げ
■15.コーキング
■16.ドアも手作りで
■17.ドアが、、、、閉まらない!
■18.完成!


↑DIYで世界にひとつだけの物置をつくるヨロコビを!

スポンサード・リンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2