家づくりの成功と失敗 ■03.LAN配線

無線LAN全盛の時代に、私はあえて有線LAN配線をしました。

LAN

■有線LANにした理由は。。。

カシメ工具で、カチャっとLANケーブル加工したかったから、、、。

   ダメですか、こんな理由じゃ。


まぁ、有線のほうが安定してそうだし、セキュリティの面でも安心かな?っておもったのです。

また、あとで無線仕様にすることだってできるんですから、とりあえず、有線でしょ。


■LAN配線をしよう!

まず、設計さんに、各部屋にスター型配線したい旨を伝え、2階の1室から、各部屋へと延びる配管をお願いします。


CD管というコードを通すためのモノを、壁内に張り巡らせ、それぞれの部屋と、ルータをおくべき部屋をつなぎます。
この際、よび線として、針金を通してもらいます。
ハウスメーカーにしてもらったのは、とりあえずここまで。


■資材集め

早速ヤフオクで資材の調達です。
LANケーブルを加工するための、カシメ工具、プラグ、そしてLANケーブルを落札。

ネットで調べれば、加工方法なんてわんさか検索できますので、工作気分でケーブルを作っちゃいます。

■情報ボックス(っていうのかな)

そして、情報配電盤ですが、意外とちっちゃい。
モデムとルータ、収まるんだろうか。。。

でも、やってしまえは入るもんです。
ヨイショっと。

LAN

そして、各部屋にピョンとでている針金に、LANケーブルをくくりつけ、ルータのある部屋から、針金を引っ張ります。
LANケーブルを引っ張る人と、押し込む人の、2人の手が必要です。
意外と、力仕事です。

各部屋のコンセントカバーは、こんな感じ。

LAN

LANケーブルを差し込むところは、ヨドバシカメラで調達しました。
若干色違いではあるけれど、そこは気にしないのです。

どの部屋にいても、インターネットができる環境がそろいました。
あとは、パソコンです(爆)。


■「LAN配線」のオススメ度
   ★★★☆☆

 無線にしてもよかったかな?という迷いがあるので、星3つ。
 でも、有線もセキュリティや安定性の面で、悪くはないんですけどね。


■00.目次
■01.階段下収納の扉■02.階段手すり子
■03.LAN配線
■04.ホームシアターのもくろみ
■05.窓の数と位置
■06.ホスクリーン
■07.ベランダのオーバーハング
■08.キッチンの設計
■09.IHクッキングヒーター
■10.パネルヒーター
■11.薪ストーブ
■12.換気システム
■13.ウッドデッキ
■14.洗面台
■15.吹き抜け
■16.家の位置(東南角地は本当にいい?)

次回へ続く。

スポンサード・リンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2