家づくりの成功と失敗 ■04.ホームシアターのもくろみ

多目的室、という名の部屋が、1階の一角にあります。
初め、和室のプランだったのを、フローリングに仕様変更した部屋です。

当初、隣家に接する壁に、窓をつける予定でした。
でも、私は、

   「プライバシーとか、気にならないかな」(なぜか後ろめたい)

とかいって、その窓を減らす提案をしました。
しかし、妻はそれを許しません。
バトルが始まりました。

■ホームシアターをめぐる攻防戦

窓があると、空気の流れや明かりのとりかたが違ってくるのよ!
との妻の言い分も、もっともです。

「プライバシーが、どーのこーの」」(なぜか気弱)

という私の論拠も、怪しまれています。

そう、

私はこの部屋を、ホームシアター・ルームにしたいのです!
そのためには、窓も何もない1面の壁が必要なのです。

    窓は、いらんのですよ。


以下、妻の反論:

ホームシアターって言うけど、アナタ、映画を1年で何本観るの?」
  レンタルで5・6本かな(汗)

「それしか観ないのに、高価な機材が必要だと思うの?」
  思いましぇん(汗)

「どうして男の人って、カタチからはいるのかしら?」
  きっと、そんなDNAがあるんです。
  私のせいじゃぁありません、多分。

やばい、圧倒的に不利だ。
でも、大画面で5.1chサラウンドで映画を楽しみたいのだ、私は。
それが1年で数回のイベントだとしても、なのだ。

てなわけで、ホームシアター計画は、壁にぶち当たり、頓挫です。


しかし、

心優しき妻は、窓をなくす提案に賛成してくれました。


   コストダウン、という切り札をちらつかせて。


えー、ちなみに我が家では、夫婦の意見が激しくぶつかるときは、恐ろしい状態になります。血が飛びちるほどです。
そんな時の円満解決のルールは

      じゃんけん

なんです。
結局、窓をなくす決定は、私がじゃんけんで勝ったことによります。
ホームシアターの夢は、まだ捨ててはいないのです。

で、機材はこれからですが、とりあえずリアスピーカーのためのカラ配管だけはしてもらいました。これだけなら、費用はたいしたことありません。


「ホームシアター」のオススメ度
   ★★★★★

 満足度は、間違いなく5(のはず)。
 果たして、実際にホームシアターが完成するのはいつになることやら!
 しばらく、攻防戦が続きます。

時間に余裕があれば、スピーカーも自作したいところです。
高校生のとき、作ったっけ。結構面白かった。


ホームシアター機材のラインアップ

眺めているだけで、楽しいんですよね。


モンスターケーブルのラインアップ

ホームシアターのスピーカーにつなぐコードは、やっぱりモンスターケーブルでしょ。


■00.目次
■01.階段下収納の扉■02.階段手すり子
■03.LAN配線
■04.ホームシアターのもくろみ
■05.窓の数と位置
■06.ホスクリーン
■07.ベランダのオーバーハング
■08.キッチンの設計
■09.IHクッキングヒーター
■10.パネルヒーター
■11.薪ストーブ
■12.換気システム
■13.ウッドデッキ
■14.洗面台
■15.吹き抜け
■16.家の位置(東南角地は本当にいい?)


次回へ続く。

スポンサード・リンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2