家づくりの成功と失敗 ■15.吹き抜け

吹き抜けのある家、それは私の憧れ。


    し  か  し


我が家には、吹き抜けは無い。

だって、お金がなかったんだもん。
吹き抜けにすると、それだけフロアスペースがなくなるわけでしょ。
やっぱり、吹き抜けって、ひろーい家の特権みたいなものですからねぇ。


しかし、あの開放感はたまらない。


でも、吹き抜けって、開放感だけでしょうか。

空気の流れを大きく狂わすものにもなっているんじゃないだろうか。


つまり


●開放感を得られる手段としての吹き抜け

開放感を求めるのなら、天井高を一段伸ばす「ハイパネル」、斜天井、っていうのも、選択肢としてはアリではないでしょうか。


●空気の流れを計算した上での吹き抜け

暖かい空気は自然に上へのぼっていきます。
なので、冬は1階の暖房で暖められた空気が、2階へ行くので、そのあたりの空気の流れを利用した空調設計が求められます。

しかし、夏場はどうでしょう。

。。。


2階のエアコンで冷やした空気が下に降りるでしょうか。

うーむ。理論的にはうまくいくような気がしますが、意外と冷気は効率よく回る気がしません。


●明るさと(おそらく)ハメ殺しの窓のメンテ

開放感は絶対得られます。
天井の高い家では、子供が賢く育つ、なんていわれますし。

そして、きっととても明るいことでしょう。
なんてったって、吹き抜けのその上には、窓があるわけですから(おそらく、多くの場合)。

でも、その場所が吹き抜けならば、どうやって、その窓の掃除をするのでしょう。足場がない。
これは、もう、ハメ殺し窓にするしかありませんね。


吹き抜けのメリット

・自然光が入ってくるので、明るい。

・天井が高いため、開放感がある。
 当然、さらに広い空間を感じることができる。

・2階の吹き抜け部分は、容積率の計算上、延べ床面積に入れなくても良い。

吹き抜けのデメリット

・空気の流れが広い空間にとどまる可能性がある。
 →シーリングファンなどで空気をかきまわす措置があればOK。

・メンテナンス面で不利。
 かなり高い天井になるがゆえ、窓・照明・シーリングファンなどを掃除するとき、足場をどうするのか、考えなければなりません。
 照明などは、自動昇降の機能が付いたものを選ぶとよいでしょう。

 また、新築時にはきれいだったクロスも、年月とともに染みがつくことがあります。埃もたまります。

 窓も掃除できないでしょうから、あらかじめ結露のしにくい窓(2重窓、3重窓)にしておくべきでしょう。


・リビングに吹き抜けがある場合、冷暖房が上手く機能しない。
 大空間になりますので、それだけ冷暖房機器の負荷が大きくなります。
 空気の流れとともに、冷暖房システムもよく設計しておかないと、いけません。 
 →設計さんの腕の見せ所


・工事費の計算上、吹き抜け部分の面積が算入されることが多い。

吹き抜けのオススメ度

   ★★★★☆ 

 デメリットは多い吹き抜けですが、それでもなお、明るさと開放感はすばらしい。
 近所の友人宅の、すばらしい大空間を見てしまったら、憧れは募るばかり。

 というわけで、私がもしスペースに余裕のある家を建てる機会があるとしたら、吹き抜けを作ります。
 当然、空気の流れをしっかりコントロールするため、高断熱・高気密のつくりにします。 → やはりスウェーデンハウスか!

 メンテナンスも、根性でなんとかやります。

 というわけで、吹き抜け、バンザイ!
 


■00.目次
■01.階段下収納の扉■02.階段手すり子
■03.LAN配線
■04.ホームシアターのもくろみ
■05.窓の数と位置
■06.ホスクリーン
■07.ベランダのオーバーハング
■08.キッチンの設計
■09.IHクッキングヒーター
■10.パネルヒーター
■11.薪ストーブ
■12.換気システム
■13.ウッドデッキ
■14.洗面台
■15.吹き抜け
■16.家の位置(東南角地は本当にいい?)


スポンサード・リンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2