家づくり メンテナンス編 ■01.浴室のカビ対策

家の寿命を縮めるもの、それは

「ほったらかし」にしてしまう習慣

家を破壊するものは、隕石でも地震でも災害でもない(確率が低い、という意味で)。

敵は、意外と小さいもんです。

その小さな敵とは、「カビ」です。

水周りなんかは、20年〜30年でダメになる、だから建替えをする。
そんな常識はぶっ飛ばしましょう。

カビを制すれば、そこそこ寿命は延びるはずです。


そして、湿気がこもりやすい浴室を考えてみましょう。

■引渡しを受けたときのアドバイス

2003年11月入居でした。
ハウスメーカーの担当さんから、いろいろ説明を受けるのですが、こんなアドバイスも。


「最後にお風呂から出た人は、タオルで窓を拭くようにしてください。」


木製の窓枠だから、ちゃんと拭いてね、ってことです。

そもそも、木製の窓をわざわざ湿気のこもるお風呂につけることないじゃん、なんて突っ込みは無しね。
スウェーデンハウスの窓は、全部木製なんだから、しょーがないんです。
窓をなくすって方法もあったけど、、ぶつぶつ、、)


で、その窓拭き、簡単に水滴を拭うぐらいでいいんです。
でもね、私はもうちょっとやってます。


■我が家のやり方

お風呂から出るとき、サーっと冷水で壁や床を一気に冷やし、そしてタオルで水滴をふきまくります。

最初は、窓と窓の木枠。
次に、壁、壁の継ぎ目のコーキング部分。
さらに、床。
最後に、ドア、そしてドアのルーバー部分。

換気扇はしばらくまわしっぱなしです。

そして注意すべきは、カビの発生しやすい場所、つまり空気の流れが悪そうなドアの隙間部分。

換気扇を回している間は、ドアは全開にしません。
わずかに隙間をあけて、軽く閉めておきます。
こうすることで、大量の空気が隙間の狭い部分を流れてくれます。
これで、カビが発生しやすいところが、完全に乾燥されます。


  理論的には、完璧なハズだ。。。

■カビを発見したら

・・・

カビキラーの登場ですね。

■00.メンテナンス目次
■01.浴室のカビ対策
■02.床
■03.換気システム
■04.木部の塗装
■05.換気口にはご注意を


スポンサード・リンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2