スウェーデンハウスの2年点検 その後

スウェーデンハウスの2年点検が終わりました。
住み始めて3年目ともなると、メンテナンスが必要なところが、当然ながらいろいろ出てきます。

まずは点検に来てくれたスウェーデンハウスサービスのEさんと、外まわりをチェック。
普段明るい時間に、外壁の状態をチェックすることは、なかなかないもので、意外といろいろ出てくるのです。

■壁のコーキングのはがれ

これは気付かなかったのであります。
2箇所ありましたが、Eさんがサクっと補修してくれました。

■前から気になっていた、エアコン用の穴

結局、杞憂でありました。
カバーをあけて一緒にチェックしてみると、しっかり穴はふさがっていました。
雨水の浸入があると、分厚い断熱材入り(しかも常に乾燥状態を維持する)のスウェーデンハウス自慢の壁の内部が腐ってしまいます。
その心配がなくなったことで、とりあえず安心。


■換気口

これは後でメンテナンスシリーズのコラムに書きます。
今回は簡単な説明のみ。



1階の吸気口の網にびっしり汚れが詰まってます。



しっかりキレイにしました。


これは2階の吸気口。
ベランダに出て、軒天にあるこの吸気口も、時々キレイにしなければなりません。


■窓の木枠のヒビ

日が良くあたるこの窓、痛みも激しいようです。
塗装も定期的にしていますが、このような痛々しい姿に。
Eさん(以下E)に恐る恐る尋ねてみました。

私「これ、どんな風に補修するんですか?」

E「このヒビを埋めて、塗装しますね」

私「これって点検の一環なので、タダですよね」

E「もちろん」

私「ヒビが大きくなって、窓を交換することになったら、窓1枚分の費用はかかるんですよね(ヒヤヒヤ)」

E「いえ、点検で見つけたものですから、かかりませんよ」

私「すばらしい

早くこの窓の木枠、ぶっ壊れないかな(笑)。


■内装

内装については、これといって大きな不具合はありませんでした。
強いて挙げるなら、お風呂の窓枠のコーキングのスキマ、クロスの縮みぐらいかな?

ドアの蝶番の微調整や、回転窓の金具への潤滑剤の塗りこみは、いつもしっかりやってくれるので問題なし。

ただし、バルコニードアの蝶番はちょっと厄介でした。
閉めるとき、かすかにドアの下部がこすれることにEさんが気付き(私はそのときまで、全く気付かなかった)、すぐ調整してくれました。

バルコニードアはそれなりに重いので、開けっ放しはしないように、とのこと。
そういえば、夏、開けっ放しにしていたことが多かったかも(汗)。

■木の家に住むということ

木というものは、不思議な材質で、伐採されて何十年も経つのに、その強度は弱まることはありません(腐らなければ)。
燃えやすい、という点はありますが。

そして、二酸化炭素と太陽エネルギーをたくさん取り込んで大きくなった木を有効利用するのですから、木の家に住むだけで、環境に優しいことをしていることになります(CO2を放出しないと言う意味で)。

そして、なんといっても、木のぬくもりって言うのでしょうか、住んで3年目だというのに、いまだに木の匂いがほんのりしたり、暖かい良質な空気のなかで生活できています。これはすばらしい。

しかし、デメリットもあります。

木は生きているので、住んで初めのころは、暴れまくります。
特に初めての冬の乾燥した時期、あちこちで「バキバキ」音がしていました。
これはどうしても起こるようです。
しかし、冬を2回、夏を2回経験すると、木の暴れが収まってきます。

外の空気に直接触れる部分は、しっかりと定期的に塗装してあげなければなりません。
これも手間です。
でも私はこの作業が好きになってしまったので、苦にならなくなりました。

そんなこんなで、無事2年点検が終わりました。
後日、窓のヒビやクロスの補修など、細かい部分は、業者さんがきてくれます。

次の点検は、2年後。
大事に住もう、この家に。

スポンサード・リンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2