加湿器 冬の乾燥対策

高気密・高断熱の家で、木の家ともなると、冬の空気の乾燥は激しいものです。
ですから、なんらかの対策をしなければ、かなりのどがつらくなります。

そこで、我が家で使っている加湿器を紹介します。
やはり、基本は「気化式」でしょう。

過乾燥になるわけ

以前住んでいた家では、それほど乾燥していたわけではありませんでした。
窓がフツーに結露してましたし。

室内で燃焼するタイプのファンヒーターを使っていたせいだと思います。
灯油を燃やすとき、当然ながら二酸化炭素と同時に大量の水蒸気を発生させるわけです。

窓をあけて換気、なんてことは今の家ではしていませんが、当時の家ではこれをしないとよろしくないわけです。室内で燃焼ですから、空気の入れ替えをしないと健康上よくないですからね。

(そういえば、子供のころから、窓を開けて換気!の重要性はどこでも言われていたような、、、。換気後進国なのね。。)

で、最近の家は大体「高気密・高断熱」そして換気システムが稼動しています。
室内で燃焼する、というのはもってのほか。
野外で燃焼する方式(FFヒーターやパネルヒーター)もしくはエアコン暖房、になっているのが主流です。
そのほか、デロンギのオイルヒーター、床暖房、コタツ、ホットカーペットなどを利用している人も多いでしょう。

まちがっても、「高気密・高断熱」の家で、室内燃焼タイプの暖房をしてはいけません。これをすることは、家の中で焚き火をするようなものです。

で、室内で燃焼しない、ということは、水蒸気の発生をゼロにすることを意味します(お湯を沸かす、とかは除きます)。
さらに、換気システムが、屋外の新鮮な「乾燥した冬の空気」を室内に供給してくれますので、乾燥が進むのです。

気化式

いろんなタイプの加湿器がありますが、私は気化式をオススメします。
これは洗濯物を乾かす原理そのもので、ぬれた衣類を乾燥した空気が湿度を奪っていく仕組みを使っています。
その乾かすための空気は、ぬれた衣類を通過する際に、湿度を含んだ空気に変わるため、加湿の方法が極めて優しいといえます。

水蒸気がぼわぼわ出ているタイプもありますが、あれだと湿度は一気に上がりそうですね。でも、このタイプだと湿度コントロールが難しく、加湿が極端になりそうな気がするのです。
窓が結露でびっしょり、なんてこともあるらしいし。

気化式だと、そんなことはありません。
ゆっくり確実に湿度を上げていきますが、空気が程よく湿度を含んでいるときは、その湿り度合いはきわめて緩やかになっていくのです。
梅雨の時期の洗濯物の乾き具合があまりよくならないのと同じ理屈です。


我が家の加湿器

大きく分けると、4種類の加湿方法を組み合わせています。
もちろん、すべて「気化式」です。
 
 
0.冬の乾燥対策 はじめに

1.天然加湿システム

2.アメニア

3.ボネコ 1355

4.三洋 CFK-VX70F


次回へ続く

スポンサード・リンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2