ローン金利 住宅ローンは変動か固定か

今回のテーマは、「住宅ローン」と金利。


■よくある間違い

住宅展示場でハウスメーカーの言葉巧みな話術にはまり、
「そろそろ夢のマイホーム!」と心踊り、舞い上がり、
気付いたときにはハンコをペタン。

そうではなく、冷静になって、

「本当に今がベストタイミングなのか?」
「本当に家が今必要なのか」

を考えてみてください、と、
提案しました。


衝動買いに近い買い方をしてしまう要因のひとつに、

「金利が低い今が、マイホーム新築のベストタイミングよ」

という営業トークがあります。
ひどい話になると、

「借り入れから数年間は低めの金利が続く
 "短期固定金利型" のローンがいいですよ」

というおせっかいなアドバイスまであります。

言っておきますが、これって「短期固定」と言う名の
「変動金利型」なんですね。

■変動か、固定か?

数年、いや数十年先の金利情勢なんて、だれにもわかりません。
もしわかっていたら、


 金利上昇する見込みなら → 固定金利

 金利下降の見込みなら  → 変動金利


がいいのは言うまでもありません。

ただ、人によっては状況もまちまちですから、一概にこのような
区分けは万人に当てはまるわけではありません。

会社の住宅財形を組んでいる人もいるでしょうし、
金融機関によっては様々な条件で金利優遇を設定
しているわけですし、単純に「固定か変動か」、
なんていえるわけがありません。


ただ、現在いえることは、


長期にわたってみると、金利はゆるやかな上昇局面にある、
ということ。
しかし、上昇は限定的で、高度成長期のようにあがり続ける
可能性は低い、ということ。


私の見解は、「固定」を中心に考える、です。
固定金利で契約してしまえば、将来どんなに金利が変動しよう
とも、支払予測をしっかり建てられますからるので、リスクを減らせる
ということです。


もちろん、金利が下がる可能性もゼロではありません。
「短期固定」の変動型を選ぶ合理性も、無視できません。


最近増えているのは、こんなケースです。

●長期固定で、金利が低いもの一本に絞る。

●短期固定を借りるときは全額にしない。

●共働きが数年続きそうなので、短期固定型と長期固定型を
 組み合わせ、短期固定型から先に繰り上げ返済していく。


短期固定型を選ぶ人は、常に金利情勢に目を光らせるように
しましょう。短期固定の期間が終わるころ、金利情勢をみて、
上昇のきざしがあれば、まず短期固定型のローン残高をでき
るだけ減らすのです(繰り上げ返済)。

いわば、ローンのメンテナンスを定期的にする、という事です。

──────────────────────────────
■住宅ローンの賢い選び方

ローンは、複数の支払方法を検討しましょう。
でも、素人ができることには限界があります。

これから家を建てる方、現在ローンを返済している方、
無料でプロのアドバイスがもらえます。

 → http://tinyurl.com/o8j2a

──────────────────────────────
■裏技

マイホーム新築は、ものすごく大きな買い物ですから、
慎重にならざるを得ないですね。

目先の支払額も大切ですが、総支払額で判断するのも有効です。
その秘訣は、ローンだけではありません。
家の保険契約も見直しましょう。

スポンサード・リンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2