住宅ローン 総支払額を考える

本日のテーマ 「総支払額を考える」

■総支払額の考え方

結局は、利息をどれだけ抑えられるか、これがメインでしょう。
そのためには、月並みながら

 +十分な頭金
 +低金利で固定ローン
 +繰上げ返済

が効果を発揮するのはいうまでもありません。


しかし、総支払額、という考え方も、ぜひ頭の片隅に
置いて欲しいのです。


家を所有している間に、どれだけのお金が出て行くのか。


それはローン返済額だけではありません。

固定資産税・家財保険・火災保険(地震保険)なども
考えるべきなのです。

■新築時の支払額

ローンを借りるものの、そのための諸費用がかかりますね。
多くの場合、家にかかる保険は一括で支払うということに
なるでしょう。

また、登記についても、軽く15万円以上は飛んでいきますね。
自分で登記をすれば、1万円ちょっとですんでしまいますが。

当然ながら、引越し代もかかります。
数え上げたらキリがありません。


■保険について

燃えにくい家、と認定されると、火災保険が安くなるのは
ご存知ですか?

「省令準耐火」という仕様の家だと、保険料が驚くほど
安くなるのです。


一度、ハウスメーカーの設計さんに、「省令準耐火」仕様について
聞いてみてください。アドバイスがもらえるはずです。

■裏技

「省令準耐火」の家にするためには、若干のコスト増になります。
燃えにくい家にするため、それなりの材料を追加で使うからです。


しかし、この効果は捨てがたい。

まず、実際に燃えにくい家になる(当たり前)。
さらに、火災保険料が安くなる。

ここでシミュレーションです。


 (a)省令準耐火仕様にすると、どれだけコスト増になるのか
 (b)その結果、どれだけ保険料が安くなるのか


(b) - (a) がプラスなら、結局は支払額が少なくなるという
ことです(しかも燃えにくい家になる、というおまけつき)。


(a)については、設計さんに聞いてみましょう。
(b)については、営業さんが知っていると思います。


我が家も「省令準耐火」仕様でしたので、
保険料がとんでもなく安くなりました。


建てる地域とハウスメーカーによっては、「省令準耐火」が
標準仕様になっていることもあります。


重要チェックポイントであります。

■住宅ローンの賢い選び方

ローンは、複数の支払方法を検討しましょう。
でも、素人ができることには限界があります。

これから家を建てる方、現在ローンを返済している方、
無料でプロのアドバイスがもらえます。




比べて選べる納得の住宅ローン


■これから新たにローンを組む予定の人へ

 SBIモーゲージの「スーパーフラット35」が、私の知る限り、もっとも優れたローンです。
 長期固定のメリットを理解している人こそ、選択肢のひとつに入れておいて損はありません。
 もちろん、相談するだけなら「無料」です。


   


スポンサード・リンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2