結露対策 その2

本日のテーマ 「結露対策その2」

結露を発生させるメカニズムは前回説明しましたね。
今回は、それを防ぐ方法です。

■結露を発生させない工夫

前回のメルマガでは、空気を流れるように換気扇を回すメリット
を書きました。回しっぱなしにするんです。

そんなに回したら壊れるんじゃないか、との心配もあるでしょう。
こわれたって、数万円です。
結露による家の破壊を考えたら、安いものです。


さて、空気のよどむところはどうするのか、という心配も
あるでしょう。

その場合、家具の配置を考えてください。よどむ場所は限られて
いますでしょうから、

 窓 → 各部屋 → 廊下 → トイレ・浴室換気扇

の流れの中に、家具を置けば、空気の流れが
ちょっと複雑になります。よどみはなくなるでしょう。

さすがに壁は動かせませんから、押入れなどは、ちょっと
難しいですが。


■結露のない家を建てること

これからマイホームを新築しようとしているならば、
ぜひ、結露ゼロの家を目指してください。

キーワードは、

  高断熱・高気密・計画換気・快適空間 

です。

いまでは、高断熱・高気密は当たり前ですが、中には
「中断熱・中気密」が健康にいい、という人もいます。

たしかにそうかもしれませんが、家の健康まで考えると
どうでしょうか。


ここでいう「高断熱・高気密」とは、
断熱性の高い躯体、隙間率の限りなく小さい家、
を意味します。

断熱性の高い壁を使っていても、スカスカで気密のない
家では、結局かびが生えます。

その逆もありますね。

そして、計画換気です。

これがまた曲者なのです。
よく考えて、選ばなければなりません。


■設計上の注意点

空気の流れを考えて設計さんとよく相談してください。
高気密の家だと、空気の流れが設計どおりになります。

穴だらけのストローだと、ジュースが飲めませんよね。
でもしっかりしたストローだと大丈夫です。

どこから新鮮な空気が部屋に入ってくるのか、
その空気はどこを通るのか、
最後にどこから戸外に排出されるのか、

これを考えていきます。
なるべく空気のよどみが無いように考えます。

さらに、換気の方式には2種類あることも
考えておきましょう。これ、重要です。

そして、空気の質ともいえる「快適空間」。
これも大事なポイントです。


■裏技

設計さんと話し合うときは、間取りも大事ですが空気の質も
大切です。換気の方式を含め、これを優先して話し合って
みてください。

換気システムのメンテナンス性や気密の仕様のありかたを、
間取りやデザインに優先する設計さんと出会ったら、
大当たりだと考えてください。
間違いなくいい家になります。

スポンサード・リンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2