換気システム その1

本日のテーマ 「換気システムその1」


■換気システムとは

24時間換気システムが義務付けられるようになって早数年。
この換気システム、皆さんはどのように捉えていますか?

簡単に言いますと、室内の空気を、常にかき回し、
汚れた空気を外に出し、新鮮な空気を中に入れる、

そのような仕組みを、特殊なファンをまわして行うものです。


従来の日本の家は、高気密住宅ではなかったわけです。
つまり、隙間だらけ。
当然、換気システムは不要です。

なぜなら、隙間があるため、常に換気が行われるのですから。


その後、高気密をうたう住宅が建てられるようになりました。
海外では常識であったこの方法、もちろん日本に紹介したのは、
輸入住宅メーカーでした。

多くの日本のメーカーは、懐疑的でした。
高気密にしたら、人間は窒息してしまうよ。
低気密のほうが自然と一体感がもてる。

などなど。


しかし、今ではほとんどのハウスメーカーが、「高気密」を
宣伝文句にしています。

換気システムと高気密住宅の相性が優れていることに、
気付くわけです。


というわけで、
換気システムは、高気密住宅とセットで考えるべきです。

■換気システムは、最も重要な選択肢

換気システムのことを、間取りやデザイン以上に真剣に考える
べきです。

なぜなら、換気システムは、家そのものの基幹をなす、最重要
事項のひとつでもあるからです。


快適性は、空気の質によるものであると思います。
この快適性について考えることを優先して家づくりをしないと、
後々後悔します。


■換気システムの種類

第1種換気と第3種換気、というものがあります。
以下、簡単に説明します。

■第1種換気の仕組み:

外気をファンで家の中に取り入れて、同時に家の中の汚れた空気
を、ファンで外に排出します。

そのとき、熱交換をしたり、湿度の交換をしたりする機能を
取り入れるものもあります。

熱交換ユニットといわれる素子を、空気が通り、新鮮な空気を
部屋の中に供給します。

吸気口と排気口、そして換気ユニットは、各階に1つ必要となる
ケースがあります。
換気ユニットは、吸気と排気を制御しますので、比較的複雑な
つくりになります。

■第3種換気の仕組み:

家の中の汚れた空気を、ファンで強制的に外へ排出し続ける、
という仕組みです。

新鮮な外気は、ファンで取り入れることはせず、排出に伴って
家の中を陰圧にし、その力で、吸気口から外気を導入します。

排気するファンと吸気口のメンテナンスが必要です。
多くの場合、そのモーターは1つで家全体をカバーします。


(第2種は強制的に空気を室内に取り入れ、陽圧にして汚れた空気
 を外へ排出しますが、実際に使われるのは、半導体製造工程や
 手術室など、チリの浮遊が許されないような場所に限られます)

──────────────────────────────
■裏技

換気システムの種類が何になるか、設計さんに尋ねてみましょう。
的確な説明が返ってくるか、それとも

「会社の方針でコチラになります」

だけで終わるのか。

もしくは、換気システムの変更を受け入れてくれるのか。

デキル設計さんかどうか、判断できますよ。


スポンサード・リンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2