火災保険とは

火災保険(かさいほけん)は、火事による損害を保障する損害保険ですが、なにも火事だけに限定していません。風水害による損害も補償するのが一般的です。
家そのもののみならず、その中にある家財などもカバーするものもあります。


「住宅火災保険」「普通火災保険」について説明します。
これらの保険は、その補償対象を火災・落雷・爆発・風ひょうなどからの損害に限定しています。
さらに、これら以外にも、物体の落下・衝突、給排水設備事故による水濡れ、盗難や水災による損害も補償対象とした「住宅総合保険」や「団地保険(マンション保険とも言われる。水災の補償は無し)」があります。

「リスク細分型」という言葉は聞いたことがありますね。よく自動車保険に使われています。
同じように、火災保険にもリスク細分型の保険が販売されているのです。
リスク細分型の特徴は、契約する人が必要な保険を選択し、不要と考える保険を選ばない形式です。
合理的かつ金額も自分の思い通りに設定できることから、人気がある保険となっています。

また、近年の各地で起こる地震により、地震保険のニーズも高まってきています。
この保険では、地震や津波、噴火などによる大規模災害による損害を想定していますが、通常の火災保険ではカバーされませんので、別途地震保険に加入する必要があります。もちろん、これはオプションですので契約しない人もいますが、加入しておいた方がいいでしょう。。

スポンサード・リンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2