地震保険とは

地震保険(じしんほけん)は、火災保険の延長上にある保険と言ってもよいでしょう。
通常の火災保険ではカバーされない、地震による災害からの損害、をカバーする保険となります。
1995年(平成7年)に発生した阪神・淡路大震災がきっかけで、この保険に加入する人が増えたとされています。

「地震保険」のそもそもの目的は、被災者の生活の安定です。
そのため、保険の対象は住宅及び生活用動産に限定されています。この保険は、それだけ単体で加入できるものではありません。
通常は、火災保険(住宅総合保険など)の契約とセットになっているのです。

地震大国である日本では、その地震損害が甚大になる傾向があるため、民間の保険会社だけでは十分な対策が見込めないのです。そのため政府が「再保険」し、その保険金の支払いのを保障しているのです。

実際に地震が起きて損害が発生した場合、火災保険(主契約)の保険金額の30〜50%に相当する範囲内で地震保険の保険金額を設定することになります。
上限は、建物で5,000万円、家財で1,000万円となります。

また、すんでいる地域によっては、地震のリスクに差の有るところもあるのです(1等地〜4等地)。
そのため、保険料もそれに連動し、また建物の耐震性(木造・非木造)によっても変わってきます。


火災保険とセットでなければ加入できないという形になっているためか、この保険への加入をため
うケースもあり、思ったほどの加入者の伸びがないようです。

スポンサード・リンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2